年賀状の基本やマナー・書き方

友人、親戚、会社の上司や同僚、お世話になった先生など、毎年いろいろな人に年賀状を出す方が多いのではないでしょうか。
見た目はそれなりに仕上がっても、正しく書けているか、マナーが守れているか、実は自信がないという方もいるのでは?かといって今さら誰かに聞くのはちょっと恥ずかしいですよね。
そこで、年賀状の書き方の基本やマナーなどを徹底解説します!

年賀状の基本構成

年賀状は表面と裏面があり、表面に宛名を記載し、裏面に賀詞やあいさつ文を書きます。ここでは裏面の基本構成をご紹介します。

年賀状の裏面は、上記のように組み立てるのが一般的です。【1】の賀詞は、冒頭に必ず入れましょう。一方、【2】【3】【4】は、すべてを盛り込む必要はありません。
項目の順番が多少前後しても問題ないので、安心してください。送る相手や伝えたい内容によって、自由に調整しましょう。

また、すべて印刷で作成する場合、手書きでひと言メッセージを添えると気持ちが伝わります。その場合、日付の横の空いたスペースに小さめの文字で書き入れます。

年賀状の書き方の基本(裏面)

年賀状(裏面)の基本構成をご理解いただいたところで、各項目の書き方について、本章で具体的に解説します。近年、横書きの年賀状をよく目にするようになりましたが、会社の上司など、目上の人に送る場合は縦書きにするのがマナーです。

【1】賀詞、新年を祝う言葉

年賀状の冒頭に書きます。ほかの文(【2】~【5】)よりも大きめの文字で書きましょう。言葉や文章の最後に句点(「。」)は付けません。賀詞については次の章で詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

(例)「謹賀新年」、「明けましておめでとうございます」、「新春のお慶びを申し上げます」 等

【2】お世話になったお礼や感謝のあいさつ、今後の親交をお願いする文

賀詞に続く文章は、お世話になったお礼や感謝の気持ちを伝える内容を書くのが一般的です。その際、「拝啓~敬具」のような頭語・結語を書く必要はありません。加えて、年賀状の文章すべてに共通するマナーとして、「失う」「滅びる」「病む」「去る」といった表現は避けてください。これらは「忌み(いみ)言葉」と呼ばれ、新年や結婚式など、お祝いの場面で使うのは縁起が悪いとされています。したがって、「去年(きょねん)」と言う場合は、「旧年中」または「昨年」と表しましょう。

また、年賀状のあいさつ文に句読点(「。」「、」)は使わないのがマナーとされていましたが、読みにくくなるため、相手のことを考えて、適宜使用することをおすすめします。

(例)「旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。」、「旧年中は格別のご厚情を賜り、心より感謝申し上げます」、「本年も変わらぬお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます」、「本年もご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。」等

【3】自分の近況報告や新年の抱負など伝える文

年賀状は、遠くに住んでいるなどで、年始に直接会えない人に対し、あいさつ回りに代わる方法として広まったという歴史があります。なかなか会えない人と日常的に連絡のやり取りがなくても、年賀状は出すという方が多いのではないでしょうか。

近況報告は年賀状の必須項目ではありませんが、普段会う機会が少ない人に現在の自分の状況を知らせる良い手段です。可能であれば書くようにしましょう。

(例)「おかげさまで公私ともに充実しております。」、「私たちは昨年結婚いたしました。」、「この度新しい家族が誕生しました。」 等

【4】相手の健康や幸せを願う気づかいの文

年賀状の結びに、相手の健康や幸せを祈る言葉や、体調を気づかう一文などを添えましょう。

(例)「皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。」、「ますますのご発展と皆さまのご活躍を祈念いたします。」、「良いお年をお迎えください。」 等

【5】日付

年賀状に書く日付は、元号・西暦のどちらで書いても問題ありません。ただし、両方書かないようにしましょう。年を表す数字は、縦書きの場合は漢数字(一、二、三)、横書きの場合は算用数字(1、2、3)で書きます。

また、年賀状を元旦に届けるために、日本郵便が実施している年賀特別取扱期間内に投函できるなら、「元旦」と書きましょう。投函期限に間に合わないなど、元旦を過ぎてしまう場合は「正月」と表記します。また、「1月1日」と「元旦」を一緒に書かないように注意しましょう。「元旦」は「1月1日の朝」のことであり、「1月元旦」や「正月元旦」などと併記すると重複表現になります。

(例)「●●(元号)12年 元旦」、「20XX年 1月1日」 等

賀詞について

年賀状の冒頭に書く「賀詞」とは、新年をお祝いする言葉のことで、漢字1 ~2文字で表すもの、文章のスタイルなど、さまざまな種類があります。特に目上の人に対しては、使う賀詞によっては失礼にあたることも。送る相手によって、賀詞を使い分けるのがポイントです。

また、賀詞を併記しないように注意しましょう。例えば、「謹賀新年」という賀詞は、「謹んで新年をお祝いします」という意味を表すので、「新春のお慶びを申し上げます」などの文章を付け足す必要はありません。

漢字1~2文字の賀詞は目下の人向け

漢字1~2文字の賀詞は、親しい人や目下の人に対して使います。目上の人に対して使うと、礼儀知らず、無作法などと思われることがあるので注意しましょう。

(例)「寿」、「福」、「迎春」、「賀正」 等

目上の人に対して使う賀詞は漢字4文字以上または文章の賀詞

目上の人に対しては、漢字4文字以上または文章スタイルの賀詞を使いましょう。文章の賀詞を使う場合、「新年あけましておめでとうございます」と表記するのは間違いです。「新年」と「あけまして」を併記すると重複表現になると考えられているので、「新年おめでとうございます」または「あけましておめでとうございます」と書くのが無難です。また、文章の賀詞は、親しい人や目下の人に対しても使います。

(例)「謹賀新年」、「恭賀新春」、「あけましておめでとうございます」、「新年おめでとうございます」 等

英文の賀詞は親しい人向け

年賀状の賀詞に「HAPPY NEW YEAR」などの英文を使う方もいらっしゃるでしょう。英語圏では一般的に使われる表現ですが、日本で使用するとややカジュアルな印象を与えるため、目上の人には向きません。親しい友人などに年賀状を書くときに使いましょう。

また、このとき、「A HAPPY NEW YEAR」とするのは適切ではありません。「あけましておめでとうございます」という意味で使う場合は、「A」は不要です。

(例)「HAPPY NEW YEAR!」

宛名について

宛名は年賀状の表面に書きます。お年玉付き年賀はがきを利用する場合は、通常の郵便はがきに比べて書くスペースがやや狭いので、文字のバランスに注意しながら書きましょう。また、表記間違いのないように、正しくていねいに書くことが大切です。

【1】相手の郵便番号

郵便番号は、郵便物の区分けや配送を効率よく行うための7桁の数字です。正しい宛先にスムーズに届けるためにも、正確な数字であるのはもちろん、読めるようにていねいに、算用数字で記入しましょう。

【2】相手の住所

相手の住所は、はがきの右端から、ペン1本分程度の幅をあけて書き始めます。相手の名前よりも小さめの文字で、表記間違いのないように正確に記入しましょう。番地や部屋番号などの数字を書き入れる場合、縦書きは漢数字、横書きは算用数字を使います。

正しい郵便番号を記入すれば、番地や建物名のみの記載でも届きますが、都道府県名からすべて書くのがマナーです。住所を省略して書くと、礼儀知らずと思われる場合があるので注意しましょう。また、万が一郵便番号の表記間違いがあっても、住所が正しくすべて記載されていれば、きちんと届けてもらえるメリットがあります。

【3】相手の名前

相手の名前は、はがきの中央に大きめの字で書き入れます。個人宛に送る場合、敬称は「様」を使います。また、宛名が連名の場合、それぞれの名前の後に「様」を付けましょう。
(例)●●●(苗字)●●(名前)  様
          ●●●(名前) 様

ちなみに、お世話になった学校の先生、医師などに付ける敬称は「先生」とします。先生の後に「様」と付ける必要はありません。

【4】差出人の住所・名前・郵便番号

自分の住所や名前は小さめの文字で書きます。こちらも表記間違いのないように、正しくていねいに記入しましょう。差出人の連絡先を表面に書く場合、裏面に記載しなくても問題ありません。

私製はがきで出す場合の注意点

年賀状は私製はがきで出すことも可能です。その場合は、切手の下に「年賀」と赤字で書いてください。書かない場合は、一般の郵便物と同じ扱いになるので注意しましょう。また、私製はがきを利用する際は、はがきの郵便料金に該当する金額分の切手を貼って出します。年賀状の時期には年賀用の郵便切手が販売されるので、通常の切手ではなく、そちらを利用するのがおすすめです。